読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんがみっかんない

無力なアタシの、不甲斐ない毎日。

ニートだから悪い

 

クッソクッソクッソクッソニートになり、早くも1ヶ月が経つ。

驚くほどに時間の流れが速い。

 

あっと言う間とかのレベルじゃない。

っと言う間。

「あっ」という発音さえもする間のないくらいの間。

 

あれだけ会社が嫌いだったのに、さすがに1ヶ月だらけると働きたくなってくる。この平和な日々にスパイスが欲しくなってくる。ていうかお金が欲しくなってくる。

とか言いつつ働いてないけど。

 

まあこんな甘ったれたことをもんもん考えているからなのか、黙ってても世間のほうから刺激がやってくるようになった。

 

つい先日のこと。

私は3つの頃からかれこれ20年以上同じ先生に書道を教わっていて、その日もお稽古に行っていた。

私がまだ社会人だった頃、どれだけ忙しなくストレス過多な日々を生きようとも、書道のお稽古に行くと穏やかな気持ちになるものだった。

 

周りの生徒さんたちはおそらく超セレブだし(医者とかナントカ家の子孫とか)、セレブ特有の優雅さがあった。

お稽古場で流れる時間はセレブ時間で、ゆっくりとした口調で雑談が交わされ、オトナなハイレベルのジョークに皆様は「オッホッホッホ」と笑う。

皆様、時間には特に焦っていらっしゃらないのでお稽古という時間をじっくり堪能なさる。

 

人生で一度も働きに出ることなく60歳になったというお嬢様は、いつも私に「綺麗な女の人、今日もお勤め大変だったわね。はい、おまんじゅう」と言ってルビーやらサファイヤやらの指輪で華やかになった手で、私のササクレだらけのカサカサの手に和菓子を握らせてくれた。

 

まあつまり私は明らかに場違いだった。

 

だけど、ここにいると「えっもしかして私もセレブなんじゃねぇの」と束の間のセレブタイムを味わえる気がして好きだった。バーチャルセレブ。

 

今は会社も辞めて、お金の余裕はないけど時間は余裕しかないので、ちょっぴりおめかししてショッピングついでにお稽古に行く。まあ厳密に言うと、ウィンドウショッピングだけど。お金がないので。

 

「今日は先生に褒められちゃって、気分がいいわ。半紙と筆を買って、帰りましょう」

と、その日も優雅なセレブ心地に浸ってるんるんで稽古場を後にし、バスに乗った。

 

バスは非常に混み合っていた。少し気温も高かった。

汗ばんで背中やら首筋やらが不快な人々は、ギリギリの距離を保ちながらスペースを譲り合う。揺れるバスでの静かな戦争。

 

ふと、ご機嫌の老翁に目がとまった。

 

老翁は、黒地に白文字でたくさん漢字の書かれた羽織に、このような帽子を被っていた。

f:id:f_____min:20170522173807j:image

テッテレテッテテーッテレー!タケコプター!

 

そして手元の紙を見ながら、なにやら演歌を歌ったいた。なかなかの肺活量だった。

 

セレブ山田は、それを見て「お茶目ですこと」と、微笑ましい気持ちになった。そして窓の外を眺め、移りゆく景色に心奪われていた。

 

四条河原町〜、四条河原町〜」

アナウンスが流れバスが停車し、車内でどっと人々が動いた。みんなここで降りるのだ。

 通路を譲り合い、空いた席を奪い合い、狭い車内はうごめきあう。

 

あの老翁も下車するようだ。荷物をまとめ立ち上がった、その瞬間、

「どけぇぇぇえええええ!」

という怒鳴り声とともに私の右腕に鈍痛が走った。

 

「すみませぇんっ!!!!!」私は咄嗟に謝った。

老翁は去っていった。

 

「発車しま〜す」プシュゥ…

バスは発車した。車内に静寂が蘇る。

 

えっ?痛い!!!右腕が痛い!!!!

私は老翁に殴られたのだった。

揺れる車内で、呆然と立ち尽くす。

 

ただそこに立っていただけなのに、殴られた。

なんなら積極的に通路を譲っていた。

今から思えば、何がすみませんだったのか。

それにしても、誰も「大丈夫ですか?」とか言ってくれないんだな。

みんな、「おまえがニートだから悪い」と思っているのかな。そりゃそうか。

 

でも突然他人に殴ってもあの歳までなんだかんだ生きてる人がいるなら、ちょっとニートになったくらい大丈夫だな。生きていける。

 

 

【旅行記】宇治川

 

まあ地元なのでまったく旅行ではない。

正しくはキャンプ記録である。

 

2×年間住んでいて、BBQスポットなのは知っていた。

だけど、地元のイケイケのヤンキー(田舎なのでハタから見れば芋ヤンキー)達がブイブイ騒いでるイメージだったので、暗キャの私はなかなか近づくこともできず今回初挑戦。

 

宇治といえば、お茶、平等院、アルプラ。

 

え?アルプラ?

アルプラとは。

 

滋賀・京都(宇治)を中心に発展している大型スーパーである。正しくはアルプラザ

いろいろ括りはあるらしいけど、平和堂フレンドマートも仲間。鳩のマークが目印。

 

ちなみに本当にアルプラしかないので、みんなやたらアルプラに行く。

小学生・中学生のデートはだいたいアルプラ。ゲームセンターでプリクラ撮って、サーティワンでアイス、マクドでポテト。(関西なのでマックではなくマクド)

そしてやたらアルプラに行く人のことを、「アル中」と言う。アルコール中毒のことではない。

 

そして今回私たちも、アルプラで買い出しを済ませ、宇治川にブルーシートとハンモックを設置し、カレー作り。

ゲリラ青空カフェ。名付けてアルプラカレー。

f:id:f_____min:20170511004121j:image

f:id:f_____min:20170511004128j:image

ニンニクと生姜をふんだんに入れて香りを出し、ミニトマトを入れて酸味を出し、牛肉も炒めてコクを出し、極め付けにトッピングのナスとピーマンも揚げ焼きにしてちゃう。

凝ったからめちゃ美味しかった。最高。

 

f:id:f_____min:20170511004311j:image

天気もいいし、最高。

もう屋根なんていらないかもしれない。

風邪は涼しいし、川のせせらぎは落ち着くし。あとはバス釣りもできるのでおすすめ。

宇治川がこんなに良い所だなんて知らなかった。

 

ハンモックはれっきとした寝具らしい。たしかに、布団で寝っ転がってぐうたらするより体が癒される、、

大地と化した私は、思い切ってベッドをハンモックにかえてもいいかもとか調子乗ったことをまた思う。しっかり癒され心が浄化されたおかげで、今なら誰かのハンモックにさえなれると思う。

 

ちなみに田舎のヤンキーといえば、スウェットにキティちゃんの健康サンダルで有名ですが、かくいう私も中学生の頃はそのスタイルでアルプラでプリクラを撮っていました。

それがそのうちプーマのジャージに進化したのが懐かしいと思うあなたは、立派な田舎の芋ヤンキーです。

 

キティちゃんの健康サンダルはこじらせているので、授業中にポエムを書いて友達と交換し合う。たいした経験もないのに、妄想でやたら失恋する。存在もしない「彼」のことを涙ながらに諦める。

そんなポエム交換ノートが先日発掘されて、恥ずかしすぎて宇治川で燃やしたって話。

 

 

 

イケメンとハンサムと男前の違いについて

 

世の中にかっこいい男性はたくさんいる。

個人的に「イケメン」と「ハンサム」と「男前」は違うと思う。

 

イケメンは、とにかく爽やかさが売り。かっこよさとかわいさの両方を兼ね備えている。

汗が輝いて見える。

塩顔〜醤油顔あたり。

彼女には、犬っぽいと言われることが多い。瞳の奥がキラキラしている。

 

ハンサムは、目鼻立ちがはっきりしていて白人のハーフっぽい。少し日本人離れしている。

汗はかかない。

かっこいいというより、美しい。

美しさ故に、すこし冷たい印象がある。

 

男前は、いわゆるソース顔。濃い。しっかりくっきりと日焼けをしている。

汗が良い意味で泥臭い。

男の中の男という感じで、頑固そう。結婚したら亭主関白になりそうな感じ。だけど情に厚くて、案外涙脆い。

どしんと構えているのに、ふと笑った時に幼さが垣間見えてときめく。

 

というような話を合コンとかですると、「じゃあ俺は?」と問うてくる男性がいる。

そして、そういう男性は決まってどれにも該当しない。申し訳ない。

イケメン、ハンサム、男前はあくまでかっこいい男性をさらに細分化したものであって、すべての男性をカテゴライズしたものではないからである。申し訳ない。

 

そして、イケメン、ハンサム、男前にさらに私が独自でカテゴリを追加するのであればそれは間違いなく「尾崎豊的愛おしさの男」であろう。

 

それはまず第一に尖っている。自分の存在が何なのかさえわからず震えている。そしてなにより寂しそうな横顔をしている。甘えるのが下手な優しさに似たRock'n roll。

汗ではなく涙を流している。

転がり続けてこんなとこにたどり着いてしまっている。

 

たとえ一見、イケメンやハンサムや男前だったとしても、これらの条件が当てはまれば尾崎豊的愛おしさの男にカテゴライズされる。

 

ちなみに私が1番心を奪われるのは、もうおわかりでしょう。尾崎豊である。

ひとつに重なり生きてゆく恋を夢見て傷つきたい。きしむベッドの上で優しさ持寄り、きつく体抱きしめ合いたい。

 

彼はもうこの世にはいない。

ジョン・レノン(The Beatles)、HIDE(X JAPAN)、坂井泉水(ZARD)、若くしてこの世を去ってしまったカリスマはたくさんいる。

あるいは、若くしてこの世を去ってしまったからこそカリスマ的存在として人々の心に生き続けるのかもしれない。もはや伝説のような。

 

尾崎豊がもし生きていたら、彼は今51歳だ。

カドがとれて丸くなって、ついでに体も丸くなって、笑った顔に皺がよる尾崎豊なんて、どれだけほっこりする話だよ。

彼がくすぶったままに姿を消し、それを更新せずにいるからこそ巡りゆく時代の中で、いつまでも支持されるのかもしれない。

若者はいつの時代もくすぶっているし、どれだけ文明が発展しようと思春期は苦いし、私のような思春期をこじらせて反抗期を卒業できない馬鹿野郎だっているはずだ。

 

だからみんなで尾崎豊を聴こう。

私はyoutubeでライブ映像を観ながら自宅で酒を飲むニートなので、分かち合う仲間が欲しい。

 

 

この歳になると歳下の男の子が可愛い

 

家事も書道の依頼もランニングもすべて終わらせ、夕方、酒を飲みながら面白いブログを読む時間が好きだ。

夕陽が沈むのに合わせ、私は廃人と化す。

 

f:id:f_____min:20170508191918j:image

料理が好きだけど、たまにジャンキーなものが食べたくなる。

手に取った時点でもう喉が焼けてきそうなくらいに、ぷんぷんと辛そうな匂いを放つこのカップラーメンは何なのか。

辛いのは得意でも苦手でもないけれど、限界に挑戦したくて購入。私の中の無意味なストイック精神をくすぐる。

 

大学1回生かな。

馴染まない茶髪を照れ臭そうにかきわける、若い男の子がレジに立っていた。

きっとこの春、華やかな大学生活を夢見て美容院でカラーしたんだろうな。

 

この先、鳥貴族でサワーで乾杯したあとスポッチャでオールナイトして、単位より遊びと睡眠を大切にしがちな生活を送るんだろうな。

TwitterとかFacebookで炎上しないように気をつけてね…(ウェイウェイ大学生 / ヤバイTシャツ屋さん)

 

それはいいとして、慣れない手つきで丁寧にお会計をしてくれた。

こんなニートの2×歳の私に、丁寧に両手でお釣りを渡してくれたのだ。

 

可愛い。

 

「この女、平日の夕方に酒とカップラーメン買いに来て何者だよ」って思われたかな。

「行き遅れた女あるある〜デートの予定ないからひとりで宅飲み〜」って思われたかな。

 

被害妄想が止まらない。可愛い。

歳下の男の子、可愛い。

 

可愛い!!!!!

 

歳下の男の子とデートがしたい。

慣れないアルコールで顔を赤くして無邪気に喋ってほしい。

「顔、赤いよ」

「えっまじっすか、お酒美味しいからついつい飲み過ぎちゃいましたよー」

なんて照れながら言ってくれるのはきっとハタチくらい。

 

例えば高校生とかだったら、まだ思春期だからあんまり喋らない。

「得意な科目は?」っていう私の質問に、

「数学っす」ってぶっきらぼうに答えられたい。

デートはぜひ制服で来てほしい。

カーディガンじゃなくて、私はニット派。

腕まくりして、部活の練習で焼けた肌とか見せてくれてたら最高。

 

そして、一丁前にローファーとか履いていてほしい。頻繁には買い換えられないし、磨くとかの気遣いもまだ知らないからクタクタになったローファーを履いていてほしい。最高。

 

私が一生懸命仕事の話をしているのに、破廉恥な妄想で心ここに在らずな顔をしている。

それを私は見抜いている。

 

この時の私は、都会でハイヒールを鳴らす赤い口紅のお姉さんっていう設定。

海外出張とか行っちゃってて、英語と中国語とタイ語が話せる私は、未成年の彼を22時までに家に帰す。ちゃんと帰すところが、逆にエロい。

 

心なしか残念そうな彼を、「ハタチになったらね」と心の中で呟き見送る。エロい。

 

 

こんな妄想を、わたしはいま駅でカフェオレを飲みながらしている。友達と待ち合わせをしている。

妄想が止まらなくなりそうだから、はやく迎えに来て欲しい。

 

 

 

 

【映画】百円の恋

 

f:id:f_____min:20170511075750j:image

 

百円の恋という映画を観た。 

 

ざっとあらすじを説明させて頂くと、

職歴なし・処女・引きこもりの30代の女性が家族と喧嘩をして家を飛び出し、人生で初めてのひとり暮らしを始める。

ある日たまたま通りかかったボクシングジムで選手と出会い、恋に落ちる。幸せな同棲生活も束の間、突然彼が出て行き失恋。

寂しさや悔しさをバネに彼の通っていたボクシングジムでボクシングを始める。

100円コンビニでの深夜アルバイトとボクシングに明け暮れる日々から、生きがいや人生の彩りを見つけていく。

 

…という感じ。

 

とにかくタイトルに「恋」とか「君」とか「好き」とか「嘘」とかつく映画はいかにも甘ったるそうで大嫌いなんだけど、そんなやつじゃない。ロマンチックに対して捻じ曲がった印象を抱いてる人には、ぜひオススメ。

 

くすぶっているニートということで、開始2秒で私は完全に感情移入。

昼夜逆転の生活で心身ともにどろどろと気怠い感じとか、予定もないくせに歯医者がやたら面倒に感じるとことか、自分で勝手に無職なのに無職である自分を蔑んでいるとことかがリアル。

 

でも何もかも諦めてしまって怠くっても、人間やっぱり心の隅っこで「輝きたい」というか「太陽の光を浴びたい」という感情はきっと本能的にあって、本能といえば甘酸っぱくて幸せな恋愛だって望んでいるのだ。

 

主人公が恋に落ちた男性も男性で、熱いことが嫌いで生半可な情熱でボクシングをやっているしていうか無職だし、乱暴だし口悪いし最悪な奴。

だけどなんか小顔でスラッとしてて尖っている感じは、控えめにいって タ イ プ で し た っ!!!!!!!!!!!!

 

今日は私が晩ごはん作るよ、という主人公に対して「は?てめぇ嫁とでも思ってるのかよ」とか言っちゃったり、

どこ行くの?置いていかないで!と甘える主人公に対して「なにぶりっ子してんだよ!殴るぞ!!!」とか言っちゃうしなにそれ私も言われたいんだけどぉぉぉぉおおおお萌えるだろぉぉぉおおおおお

そのくせ主人公が他の男と一緒にいたら妬いてキレるとこが最高すぎ。

 

最近は、何代目か知らんけどゴリゴリブラザーズのが◯ちゃんとかが甘々なセリフを言ってくれる映画が流行ってるらしいけど、個人的にはひねくれた恋愛が好み。

 

そのうち若くて可愛いギャルに心移りして出ていっちゃうんだけど、その寂しさを振り切ってボクシングに打ち込む主人公の立直りが、なんか私は羨ましかった。

体力もセンスもないのに、来る日も来る日もボクシングに明け暮れる。

人は歳をとると、なにかに対して熱くなれることが減って行く。おそらくそれは、悔しいとか悲しいとかに疲れて、物事に対して傷つかなくて済む距離を保てるようになるからなんだろうな。

あとは、仕事とか人付き合いとか趣味とか、日常でこなしていくものが増えて、それぞれに情熱を分配するようになるから。

 

だからこそ、何かに夢中になれるってクサイしダサいし、最高にカッコいい。

 

そして何より驚いたのは、開始時はお腹も出てだらいしない体型だった主人公が、ラストでは腹筋の割れた引締めボディに変身していたこと。

どういう時系列で撮影したのかはわからないけれど、女優さんってすごいな。20kgくらい体重に増減があったのでは?

 

また、ふと観たくなるような映画でした。

【旅行記】曽爾村

 

大地に還りたい。

ーこれは私が会社に勤めていて最上級に病んでいたとき、通勤電車で雨音を聴きながらふと思ったことである。

 

満員電車が湿気でいつもに増して息苦しく、車内にはくたびれきった人たちが決して肌と肌の触れない距離を保って立っている。座席を確保できた者のほとんどは目を瞑っている。

 

ハタハタと静かに雨音が聴こえていた。

こんなにも文明が発展したこの時代でも、満員電車は窮屈だし、雨で靴下はグズグズしているし、そしてなにより気圧の低い朝は気怠い。

 

中途半端な世の中だなあ、と思った。

じゃあ、この先もっと快適な時代になることを求めているか?もはや人間の手は離れて機械がすべての仕事を担い、歩くことも選ぶこともなくなって、娯楽だけの世の中。

そんな冷たいモノクロの世界を想像すると、得体の知れない恐怖に襲われて、もういっそ雨の中に飛び込んで全身ずぶ濡れになって田んぼで溺れているところを尾崎豊に助けられ、「馬鹿。風邪引くぞ」などとありきたりな甘いセリフをぶっきらぼうに吐かれながら、着ていたTシャツを脱いで頭を拭かれたい。「そんなビチョビチョのTシャツで拭いても意味ないじゃん」「ほんとだな、馬鹿だな俺」と言って笑いあいたい。

 

つまり、私は快適でなくて良いから、疲れ切った世の中に飲まれるのではなくもっと五感を研ぎ澄ませながら、四季を感じながら人間らしく…動物らしく生きたいと思うのだった。

 

この頃、私が最も信頼している占い師さん(http://ameblo.jp/angaile ←Michelleさん)に占ってもらった際も【大自然のカード】が出ていて、私は本気で「会社辞めて大地に還る」と思っていた。

 

 

そして仙酔島に引き続き、向かったのは奈良県曽爾村

f:id:f_____min:20170508112653j:image

f:id:f_____min:20170508112744j:image

私は京都府在住なので、車で高速道路に乗って約2時間。

テントを張るスペースもあれば、コテージもある。コンロや包丁やまな板、トングやお皿などバーベキューをするための道具は借りられる。

 

ただ、近隣にスーパーがなくて個人の商店しかない。商店で食材と炭を買うので私たちは満足だったけど、もっとこだわりたい方は買い物をしてから行くのがオススメ!

 

この山に囲まれた大自然の中、コーヒーを飲みながらウトウトする幸せよ。

ああ、海もいいけど山もいい…

 

何をするわけでもなく、ただただ草木のこすれる音と鳥のさえずりと、子どもの無邪気な声をききながらひたすらボーッとする。

 

近所にお風呂屋さんがあるので、夕方に入りに行った。これがまた最高。

低い山々が連なっているので、ずいぶん遠くの山まで見える。空が広い。

ビルで囲まれた、狭い大阪の空を思い出す。ついでに悪い思い出も蘇る。記憶を振り払い、深呼吸をする。

 

陽の沈みかけた薄暗い空の下、囲われる壁もすべて取っ払った露天風呂で丸裸!!最高!!

この壮大な山の中、丸裸!!!最高!!!

 

丸裸!!!!!!最高!!!!!!!

 

お風呂でじゅうぶんに体を温めたあと、火を起こしてバーベキューの支度をする。

f:id:f_____min:20170508114455j:image

飯盒で炊く米がうまい。

炭火で焼く食材は、なぜこんなにも美味しいのか。IHなんて糞食らえだ。

 

ビールを飲むことなんて忘れてしまうくらいに、ご飯が美味しかった。

 

なんだか健康的になりそうだ。

視力とかも回復しそう。

心が浄化されすぎて、いい人になってしまいそうだ。

 

生きるってこういうことだ!!!

 

 

 

べらぼうという言葉を覚えた。

 

 

余りもひどい様、はなはだしい様を示すとき、人は「べらぼう」と言う。

 

私はこの言葉を、つい去年知った。

 

「これ来週納期でいける?」

「べらぼうに頑張ったらいけます」

というような会話を、会社で上司と先輩が交わしていた。

 

文脈からその言葉の意味は容易に想像ができたが、都会のオフィスで几帳面にスーツを着た彼の口から出てくるにはあまりに不釣合いだと思った。

 

 

べらぼう…って…

ど田舎の地域の特産物でありそうじゃん…

 

冬になると大雪が降って、雪かきをするもあとからあとから降るもんだからどうにもこうにも手に負えないようなそんな地域。

雪が積もらないよう三角の屋根になっていて、居間の真ん中には囲炉裏があるような家。

鰹と昆布と干し椎茸でじっくりとった出汁で、おばあちゃんが鍋を作ってくれる。

海老、あんこう、木綿豆腐、ネギ、白菜、えのき茸が入っている。

(あー最高。お腹すくわ)

 

「あ〜たくさん食べた。お腹いっぱい」

「シメにアレ入れるかい」

「あ、食べたい!」

 

f:id:f_____min:20170506220931j:image

べらぼう

 

画像はきりたんぽである。

でも、きりたんぽという名称より、べらぼうという名称のほうがはるかにしっくりくる。

 

 

または、工具でありそうだ。

 

刃物の部分を木にあてがっておいて、おしりから金槌でトントンする。

そしたら、木が剥がれていくやつ。

f:id:f_____min:20170507085502j:imagef:id:f_____min:20170507085509j:image

間違いなく、べらぼうだわ。

 

画像はノミである。でも絶対べらぼう。

 

そうなんだよ。

その語呂から、地味で田舎っぽいイメージがあるんだよ。決して悪意があって言うわけではない。

きりたんぽだってノミだって必要な存在。

 

だけど「べらぼう」はあまりに都会っぽさに欠ける。イマドキじゃない。

1990年代、バブルが弾けた後くらいの年代に若者の間で流行った流行語でありそう。

ディスコ、チョベリバ、べらぼう、みたいな。

「べらぼう」の、ちょっとひと昔前感。

 

平野ノラさんのネタでありそう。

「しもしも〜?(尾崎)豊とディスコで踊ってたら、彼ってばべらぼうに酔っちゃって〜」って、アッシーくんに電話してそう。

 

こんなことばかり考えている私は、今べらぼうにヒマなのである。