みかんがみっかんない

無力なアタシの、不甲斐ない毎日。

ヒマラヤがあるから

 

日雇いのアルバイトを転々としている。

その度に、その日知り合っただれかと仲良くなってその日を過ごす。

 

その日、その場限りの関係。

後腐れのない関係。

 

 

7月某日。

とあるイベントの販売スタッフへ派遣された。

 

たまたま休憩のタイミングが同じだった、髪がボサボサですっぴんで前歯の欠けた女性に話しかけられた。

「暑いっすね」

「はい。帰りたいっすね」

 

彼女はごそごそと鞄を漁り、中から煙草を取り出した。マルボロのブラックだった。

「本当に16時にあがれるんですかね」

もわぁぁと煙を広範囲に吐き、彼女は言った。

 

「あがれるでしょ。さっき12時あがりの子、帰って行ったし」

「じゃあ大丈夫か」

「大丈夫ですよ」

 

そして沈黙。

 

ああ、やっぱり今日バイトなんか入れるんじゃなかったな。

7月のクソ暑いときに、野外で働くなんて馬鹿だよなあ。

帰ったらビール冷えてるかなあ。

そんなことを、暑さで朦朧とした意識の隅っこで考えていると、「あ」と彼女が小さな声で言った。

 

見ると、金網がかけられた灰皿の下のほうで、火種が消えていない。

「吸い殻が溜まりすぎて、もう水気がないんだわ」彼女は言った。

 

私は飲みきれなかったリアルゴールドを、おもむろに灰皿にかけた。ジャバババババッ

「うわっ!もったいない!」

「いいんですよ、もう休憩終わりだし」

そして私たちは別々に、現場へ戻った。

 

出勤してから6時間が経過した15時頃、あと1時間かと時計を睨んでいると、例のマルボロの女が駆け寄ってきて、

「やば!!!生理なっちゃった!!!!」と言った。

 

「ええっ」私は思わず吹いた。

「大丈夫ですか」

「しんどい!!!」

そして彼女は走ってどこかへ消えてしまった。

なぜだかわからないけど、あと1時間頑張れるような気がした。

 

16時、退勤の処理を済ませ送迎バスへ向かう。

なんだよバス冷房きいてねぇじゃねぇかよと苛立ちながら乗り込むと、「あ、いた!」と後ろの座席から声がした。

振り向くと、例の女が座っていた。

 

「ああ、お疲れ様です。生理、大丈夫ですか?」

「え、しんどいよ。お疲れ様」

それから彼女は、とくに聞いてもいないけれど自身の話をひとりでに喋り出した。

 

友達から離婚の相談を受けているから、ここ最近寝不足なこと。

8年間、事実婚というかたちで一緒に暮らしていた男と別れ、バイトを転々としていること。

リゾート地で住み込みのバイトをしながら、現地で知り合った男と付き合ったり別れたりを繰り返していること。

 

「この間までね、3ヶ月金沢にいて久しぶりに帰ってきていま妹の家に居候してる」

「3ヶ月も住み込みで働いてたんですか?」

「そうだよ、長いときは1年とか。でも家賃も光熱費も食費もかからないからお金超貯まるよ」

 

日雇いのバイトを転々としてるだけでも、「あたしってクレイジー」と思っていたのに、こんな生き方をしている人がいるのかと。

初めて聞く話に、私は思わず高揚した。

 

「私の友達もリゾートバイトで知り合ったネパール人と付き合って、その男追いかけてネパール行っちゃった」

グローバリズムっすね…」

「なんでネパール?って聞いたら、ヒマラヤがあるから〜って言ってた。なるほど、登るのね」

 

あっはっはと笑う彼女の前歯は、1本欠けていて、もう1本は煙草のヤニが染みついていた。

「私も今度は、外国人狙いで横須賀あたりにバイトしに行くかな〜」

「いいっすね」

 

 

それっきりだ。

結局、名前も住んでいるところも知らない。

きっとそのうち顔も思い出せなくなるだろうな。

どこかですれ違っても、きっとお互い気づかない。

 

それでも、たまたま聞いたその日の話になにかしら刺激をうけて私はきっとこれから生きていく。

長い人生のうちのたった数分、数時間の関わりから、影響を受けて私は生きていく。

 

その日はなんだか気分がよくてビール3本空けちゃったし、夜もぐっすり眠れた。

ちなみに、家に帰って気づいたけど私も生理になっていた。

 

 今日のひと筆。

f:id:f_____min:20170708110023j:image

剥け方はそれぞれ

 

 

大きいやつはわりと簡単に剥けるのに、小さいやつはなかなか剥けないのよね。

 

 

あ、玉ねぎの話です。

こんにちは、山田です。

 

工場のバイトは飽きたので、近頃は飲食店やってます。

で、たまに手伝う仕込みの玉ねぎ剥きの話です。何だと思ったんですか?

 

でもさ10時〜15時とかの短時間しか入ってないのにめっちゃ疲れる。

いやもう飲食店とかの年齢じゃないでしょ、2×歳って…

 

このあいだ12時〜20時とかで入ったときは、まじで自分との戦いだった。

お客さん、全員尾崎豊だと思い込んで全身全霊で接客した。

とても小さくとっても寒がりで泣き虫な山田のこと、誰も暖めてくれなかったけど。

 

 

4年間デスクワークやってたから、久しぶりにする立ち仕事がはちゃめちゃにしんどい。

あ〜、就業中にコーヒー飲みながらどら焼き食べてネットサーフィンしてた頃が懐かしい。

 

ニート山田は短時間の立ち仕事でも泣いてるのに、こないだ入った飲食店で臨月くらいに大きいお腹抱えたギャルの子がいてたじろいだ。

バリバリ厨房入ってて、たくましすぎた…

 

大丈夫?腰痛くない?代わろうか?妊婦。

愛おしそうにお腹撫でて、「あ、蹴った!」ってやつ代わりにやっておいてあげるし、ベビー服の水通しもやっておいてあげるし、たまごクラブも読んでおくよ!

あ〜もう、見てるこっちが母性本能溢れてくるよ…

 

てかそのお腹の子、山田の子じゃない?

 

とか考えてたらまあ時間はあっという間に過ぎるんですけどね。

てことで、今日のひと筆。

 f:id:f_____min:20170704194533j:image

 

購読、ありがとうございます。

※いつもコメントくださる方、ありがとうございます!返信の仕方がわからず放置してしまっているのですが、読ませて頂いてます。

励みになりますので今後ともよろしくお願いしますm(__)m

加瀬亮ってけっこうタイプだよ

 

 

相変わらず派遣のアルバイトにのらりくらりと顔を出す日々である。

同じ就業先へは2日と行かないので、毎回違う場所である。だけど仕事内容はだいたい同じ。

 

単純作業である。

 

先日行った工場では、どうやら軍手を持参しなければいけなかったらしい。

が、私はそんなことすっかり忘れてたというかまあ覚えてたけど「借りれるだろ」と甘くみて持って行かなかった。

 

作業前半は軍手なしでしれっと作業をしていたけど、ふいに気のきついパートさんに見つかってしまい「買ってこい!」と言われた。

いや貸せよ。

 

聞くと、軍手の自動販売機があるらしい。

いや貸せよ。

 

「誰かに聞いて自動販売機の場所聞いて買ってきて!!!」

いや貸せよ。

 

いや貸せよぉぉぉおおと思いながら自動販売機までたどり着き、5000円くらいしたらどうしよう…と思っていたけどまあその軍手は130円で、ついでに隣の自動販売機でジュースを買って休憩していた。

 

はあ、この労働中のリアルゴールドがうめぇ…

それにしても貸せよ…

ていうか加瀬亮ってけっこうタイプだよ…

 

そしてのんびり現場へ戻ると、「嫌になって帰ったんちゃう(笑) あ、戻ってきた戻ってきた!」と言われていた。

 

コンベアの上に流れる商品から、自分の担当の番号を読み取って回収する作業。

ただそれだけのことを、6時間。

 

さらにはその現場に時計がなくて、「ああ、あと2時間…」とかの心の準備もなく、そして休憩もなく、ただただ無になって私は機械と化する。

 

商品は流れているけど、時間は流れていないのではないか。

まるで時が止まったかのような空間。

 

私はただただ無になって21番と22番と23番を探す。

 

「21番21番21番23番21番22番2ぅぅぅぉぉぉおおおぇぇぇえええええええ」

商品の流れの速さに思わず催す吐き気。

あやうくリアルゴールドのドリンクバーになるところだった。

 

まるで永遠の空間へ閉じ込められたような6時間が終わった時、「そうだ、何事にもいずれ終わりが訪れるんだな…命にも…」そんな境地に至った。

 

そして私は考えた。

時間というのは、本当に皆に平等に与えられているのだろうか。

自分にとっては100分でも、誰かにとっては2秒だったりするんだ。

 

 

中学生の頃なんて私にとっては3億年前、むしろ前世くらいの記憶だけど、いまだに「中学んとき部活でエースだったんだぜ」と自慢してくる男もいるしな。

 

だけど人は人と過ごす。

 

人と過ごすということは、相手の時間を自分のためにお借りするということだ。

だから待ち合わせに遅刻してはいけないのだ。

 

私が1時間かけて作った料理も、誰かが15分で食べてしまうかもしれない。

誰かが5分でパッと書いてくれた手紙も、私にとって永遠の宝物だったりする。

 

朝からずっと会議と商談続きで全然メールを確認できていなくて、夜やっと返信した「確認致しました」という取引先へのメールは、相手の営業マンにとっては昨日の夜からずっとずっとずっと20時間以上も待ちわびたひと言だったかもしれない。

 

時間の流れ方は人それぞれ違う。

だから時に「待つ」ということも必要だし、「待たせない」という気遣いも大切だ。

 

相手の時間の流れ方なんて、わからないからね。

 

ちなみにこれが自動販売機で買った130円の軍手です。

f:id:f_____min:20170629184032j:image

 

 

オトナの鬼ごっこ

 


明日の近畿地方は、気圧の谷や梅雨前線の影響で曇りで、雨の降っている所があるでしょう。

京都府は、今夜から明日にかけて、雨足が強まる見込みです。

 

釣りをする夢を見ていた。

釣りが趣味なわけではない、過去に付き合った男にたまたま釣り好きが多くて、何度か竿を握らせてもらったことのあるくらい。

そのわりに、夢の中での自分はシーバス釣りで有名なユーチューバーだった。

 

海の景色が徐々に薄れ、カタカタと揺れる窓の音が聞こえた。乾燥した目を薄っすら開けると、踊るカーテンが見える。

 

サーッと、風に流される雨の音がした。

 

意識がはっきりと現実に戻る。

そして飛び起きた。足がびしょ濡れだ。

私はしばしば、窓を全開にして眠りにつき、夜中の大雨で足がびしょ濡れになることがあった。

 

 丑三つ時、両足に絡む水分を眺め、雨であろうが台風であろうがお構いなしに公園を走り回っていた頃を思い出した。

あの頃は、雨など大して重要ではなかった。

濡れれば拭けばいい、ただそれだけのこと。

 

だけど雨の中、鬼ごっこをすることはもうなくなってしまった。

化粧が崩れるから?奮発して買ったブランドバッグが傷むから?風邪をひくと会社に迷惑をかけるから?

 

違う。

 

鬼ごっこがそれほど重要ではなくなったのだ。 

 

今は全速力で走る持久力もないし、そもそも自分が鬼になろうがならまいがどうだっていい。

鬼ごっこでスリルを味わえなくなってしまった。

 

だけど私は今、実は鬼ごっこ中なのだ。 

金曜日、朝出勤すると鬼の仕業で私は鬼となった。

自分のデスクの上に、「ゴミ捨てよろしくね♡」という付箋メモと、はち切れんばかりに膨れた90リットルゴミ袋が置かれていた。

私の鬼の番。

 

お土産どうぞ、と空のクッキーの袋を渡すことはもうしたし、直帰と書かれたホワイトボードを消すこともした。

そうだ、と私は化粧ポーチを探る。

 

そして錠剤を3つ開封し、お茶に混ぜて出した。下剤だ。

混むトイレの前で冷や汗をかく彼女を見届け、その日の私は定時で退勤した。

 

日々、こんなことの繰り返し。

やられた方が、次は鬼。オトナの鬼ごっこ。

一向に参加してこないまわりが不思議でならない。こんなにもスリル満点なのに。

 

「みんなで鬼ごっこしようよ!!!」

 

窓の外へそう叫び、アパートの5階から雨の中へまっさかさまに転がり落ちた。

すると、こんな雨の夜中にみんなで鬼ごっこをしているではないか。

 

幼稚園の頃の担任の先生、初恋の先輩、 彼氏だと思っていたら実は既婚者だったあいつ、困ったときはいつも傍にいてくれる親友、そして別居中の旦那。

なんだ、みんないるじゃない。

 

「いつからいたの?どうして誘ってくれなかったの?」

大声でみんなに問いかけるのに、雨の音で簡単にかき消されてしまった。

 

「私も混ぜてよ!」

みんな、キャーキャー叫びながら走り回っている。いい大人なのに、まるで5歳児のような振る舞いだ。

 

「タッチ返しはあり?なし?」

鬼にタッチされた瞬間、その鬼だった相手にタッチをし返して鬼を免れる方法だ。あのルールはありの場合となしの場合があるので、参加前に確認せざるを得ない。

 

だけどみんな鬼ごっこに夢中で、私が参加を表明していることさえも気づいていない素ぶりだ。

 

「ねぇ!聞いてるの?」

 

別居中の旦那が、かつて私の恋人をいとも簡単に奪っていったあの嫌な女を、嬉しそうに追いかけ回している。

かと思いきや、私の親友が、私の会社のハゲの上司を嬉しそうに追いかけ回している。

私の言葉は雨に消されて届かないのか、それとも誰も興味ないのか。

 

「ねえみんな、誰が鬼なの?」

 

私がそう叫ぶと、ピタッと鬼ごっこが止んだ。そして、雨も。

 

コンクリートに染みた雨の匂いも、排水管から流れる雨水の音も、風が運ぶ冷えた空気も、一切を感じさせない静寂が私を包む。

はっと我にかえると、さっきまで鬼ごっこをしていた誰もがいなくなっていた。

ずっと周りを眺めていたはずなのに、いなくなる瞬間を見届けさえもできなかった。

 

タタタタッ

 

不意に、背後から小さな足音が聞こえた。

そして足音は私のちょうど後ろでとまり、小さな手が私の太ももに触れた。

 

振り返ると、少女がいた。

少女は、幼い頃の私にどことなく似ている気がした。

 

少女は言った。

 

「タッチ」

 

 

f:id:f_____min:20170626095102j:image

インターネットもInstagramもTwitterも糞食らえだ

 

 

Instagramを起動すれば、センス良く切り取られた景色やお洒落なコーディネートや、友達の赤ちゃんの泣き顔や恋人とのツーショットが指を動かす毎に流れてくる。

 

Twitterを起動すれば、今日も素性不明なあの人は下ネタを絶叫しているし旧友は暑い中営業にまわっていて大変そうだ。

 

金曜の朝、二日酔いで割れそうな頭とまだ吐けそうな胃を抱えてベッドに横たわり、それらを眺めているとどうしようもない程に孤独な気持ちになった。

 

私はいったい何をしているんだろう。

 

素敵な景色を見に行けるお金があるのが羨ましい、お洒落な服を買えるお金があるのが羨ましい、愛する旦那さんにそっくりな娘を抱くのが羨ましい、恋人とのツーショットを堂々と全国ネットで公開できるのが羨ましい。

 

素直に下ネタが言えるのが羨ましい、仕事があるのが羨ましい。

 

羨ましいという感情が湧いてくる自分に腹がたつ。誰かが持っているそれを、自分が持っていないからではない。

人と比べることでしか自分をはかれない、自分の幸せの基準がない貧弱な自分が大嫌いだ。

 

 

例えば、自身の恋で迷ったとき、心の開ける友人に相談をする。

各々、独自の感性やどこかで聞いたことのありそうな言葉を引用して「もっと素敵な人がいるよ」と言ってくれる。

アルコールも手伝って心が麻痺した私は「そうだよね!」と思う。

 

だけど家に帰った途端「あんな言葉が欲しかったんじゃない」と思う。

 

もっと素敵な人に出会いたいわけじゃない。

私は恋人と素敵になりたいのだ。

 

まわりから「素敵な人」と認めてもらえる人と一緒にいたいわけじゃない。

私にとって「素敵な人」であってほしい。

 

 

きっと彼の長所は私以外のみんなが彼を愛してくれるし、だったら私はみんなが嫌う彼の短所を愛したい。そういう存在でありたい。

 

だから気の弱い人が好き。

 

なのに世間一般の「普通に考えてこう」とか「こうあるべき」に振り回されて卑屈になり、さらには恋人を傷つけてしまう自分の意志の弱さが情けない。

 

 

インターネットもInstagramTwitterも糞食らえだ。

人の意見に邪魔されず愛を貫けるほど広い器じゃないけれど、でも、だからこそ、聞きたくない意見からはせめて耳を塞ぎたい。

 

今は個人が自分の思想や意見を遠慮なく発信できる時代。だけど倫理や個人情報が厳しく取り締まられているのは、プライバシー云々ではなく単純に「他人の意見を押し付けられたくない」という誰かの我儘が原点ではないかと思う。

 

貯金も収入も学歴も恋愛遍歴も、そんなものはなんにも聞いていない。ただひと言「愛してる」と言われたい。

だけどそれだけでは生きていけないよ、と人は言う。理解できる、だけど今の私にはまだまだ納得できそうにもない。

 

 

いつかまた出会う恋人とは、私なりの曲がった愛でふたりで迷子になりたい。

大人には一生なれない。

 

 

 

ダンディなおじちゃんに洋食を教わりたい

 

私は情緒不安定なので、たびたび大地に還りたいと思うことがある。

それはつまり、今はなんだか誰にも優しくできないといった類の単なる不機嫌だけど、どうしようもない時がある。

そういうとき、発散方法のひとつとして「料理」がある。

 

6月某日。

眠れない夜があった。どうにもこうにも、眠気が来る気配がまったくない。

誰かに会って話したい、とも思わない。

ニートで可哀想な自分を見られるのが恥ずかしくて、友達にも会いたくない。

 

私はいそいそとキッチンに立った。

冷蔵庫を開け、ぎゅうぎゅうに押し込まれた食材を確認。そして無我夢中で料理を開始した。

 

チキンのトマト煮、牛スジと筍煮、味玉子、タルタルソース、プリン。

なんともまあ統一感のまったくないメニューである。

 

が、

うんんまそうなニンニクやショウガやオリーブ油やトマトの匂いがキッチンに充満する。

そうだ、チキンと牛スジを柔らかくするために、ビールを入れよう。

 

冷蔵庫にストックしてあったハイネケンを開封する。

 

プシッ

トゥットゥットゥットゥッ…

 

シュワワワワと、アルコールが静かに沸騰されていく。

3分の2くらい余ったので、つまみ食いをしながらグビッとイク。

く〜〜、キンッキンに冷えてやがるぜぇぇぇええええ!!!!最高!!!!

チキンもホロホロ!!!最高!!!!

タルタルソースはやっぱ卵とタマネギたっぷりの手作りが美味しいよな!!!最高!!!

 

ビール最高!!!!!!!

 

そうこうしているうちに料理達は煮えたぎり、丁寧にタッパにつめ、ハイネケンの缶を胸に抱き眠りにつく。

寝酒は安眠を妨げる。

 

空を飛ぶ夢をみた。

空を飛ぶ、というより空を泳ぐ、という感じで、泳げない私は空を飛ぶのも下手。

空中でもがいているうちに敵に捕らえられ、戦国時代にタイムスリップさせられ、頭をちょんまげにさせられるというような夢だった。

 

 

翌日。

派遣の登録会へ出向く。

都会には、足首をチラ見せしたお洒落メガネの髭おじさんが、あいふぉーんで電話をしていて気負いする。

仕事もオンナもテキパキこなしてそうだ。

 

そして登録会にて、

「大人しすぎずガツガツしすぎず、普通に明るくて普通にハキハキしてらっしゃいますね」

などと言われ、嬉しくも悲しくもなんともない気持ちになる。

手応えもないまま、のらりくらりと帰宅。

 

 

そうだ、昨夜作り散らかした牛スジを食べよう。一晩寝かせて、うまいぞ。

 

ひととおり料理を温めたあと、冷凍庫を開け、白米のストックを切らしていることに気づく。

最悪だ。

白米のない牛スジなんて、笑うことのないサンタのよう、夏休みのない8月のようじゃないか!!!!!!!(なんでもないや/RADWIMPS

 

と、いうわけでコンビニへダッシュし、酒を購入。

連日の乱酒でむくんでいたので、今日は休肝日の予定だったけど仕方がない。だって白米がないんだもの。

 

f:id:f_____min:20170613192032j:image

*余り物の玉ねぎスープ

*プリンの余りの卵白で作ったオムレツとタルタルソース

*牛スジ

女子力が低いので、盛り付けは面倒。

 

 

ウマーーーーーーーー。🐴

牛スジ柔らか!ホロホロ!ウマッ🐴

なんとも家庭的なニートである。

あたし、料理ウマッ🐴と自画自賛しながらひとりで酔っ払う。

25歳の独身は、どんどんひとり上手になる。

 

過去記事でも書いたように、こういうとき一緒に呑んでくれる親父の出張ホストを是非利用したい。

http://www.shikoymd.com/entry/2017/04/24/205047

 

「馬鹿野郎!!」とか取って付けたようなセリフで叱られて、そしてどさくさに紛れて間違いたい。

それから、案外おじちゃんは料理がうまくて、どうにもこうにもビールや焼酎や日本酒にあうおかずばかり作ってしまう私に、イタリアンやフレンチを教わりたい。

 

「こないだジェノベーゼパスタ作ったら超しょっぱかったんですよ〜」

「馬鹿野郎、パスタはニンニクと塩加減が命なんだ」

とか言いながらふたりでシャンパンで酔っ払って、そしてやっぱりどさくさに紛れて間違いたい。

 

ダンディなおじちゃんに洋食を教わった私は、ダンディなおじちゃんに洋食にされる。

意味がわからない。

人は孤独をこじらせると、意味不明をこくようだ。

だけど平和ボケしてつまらない人間になるくらいなら、ちょっとさみしいくらいが心地よい。

 

そんなことを思う、ニート末期の山田であった。

 

 

 

星が落ちそうな夜だから、自分をいつわれない

 

 

都会には、足首をチラ見せしたお洒落メガネの髭おじさんが、あいふぉーんで電話をしていて気負いする。

仕事もオンナもテキパキこなしてそうだ。

 

どうも、ニートです。

 

最近は本格的にやる気をなくしてきました、五月病でしょうか?

ていうかわたしにやる気のある時なんてあったんですか?

 

 

 

/(^o^)\

 

 

 

バイトの面接に行って、採用されては断りを数件続けてるのですが私はクソなのでしょうか?

 

容易い気持ちで面接に行って、思いの外シャレオツなビルだったらたじろぐじゃないですか。

美容院で手入れされたウルツヤの巻き髪を揺らしながらヒールを鳴らす女性とエレベーターに乗り合わせようもんなら、Tシャツにスニーカーの自分がゴリラの耳糞くらいに思えてくるじゃないですか。

 

謙虚な姿勢で面接に挑むじゃないですか、採用されるじゃないですか。

 

帰り、駅のトイレで用を足している途中に水が流れたりするともうノックアウト。

メンタルがズタボロですね。

 

ニートに座らせる便座はねぇ!/

 f:id:f_____min:20170608013857j:image

 

なんかもう勢いでメールとかで簡単に採用辞退する。

ゴリラの耳糞どころかサイの爪垢くらい。

 

 

時給良くて楽でアイデンティティ保てるバイト落ちてないかなー。探してる。

向かいのホーム、路地裏の窓、交差点でも、夢の中でも。明け方の街、桜木町で。

いつでも探してしまう、どっかに君の笑顔を、急行待ちの踏切あたり、こんなとこにいるはずもないのに〜〜

あ〜ワタシの人生にOne more chance〜〜

 

 

やる気とか根気とかなんもないくせに、幸せだけを手に入れようとしている自分がみっともないぜ〜

きっと目の前に起こりうる事象が、今の自分の身の丈に合ったことなんだろうな。

 

毎日がつまらないのは、自分がつまらない人間だからなんだぁぁぁあああああ

 

やっべぇ、悟ってしまった。

 

なんか自分が可哀想になってきたので、この間食べた神的美味しさのオムライス載せとく。

 

f:id:f_____min:20170608013728j:image

 

卵何個使ってんだよー!