みかんがみっかんない

無力なアタシの、不甲斐ない毎日。

ヒマラヤがあるから

日雇いのアルバイトを転々としている。 その度に、その日知り合っただれかと仲良くなってその日を過ごす。 その日、その場限りの関係。 後腐れのない関係。 7月某日。 とあるイベントの販売スタッフへ派遣された。 たまたま休憩のタイミングが同じだった、…

剥け方はそれぞれ

大きいやつはわりと簡単に剥けるのに、小さいやつはなかなか剥けないのよね。 あ、玉ねぎの話です。 こんにちは、山田です。 工場のバイトは飽きたので、近頃は飲食店やってます。 で、たまに手伝う仕込みの玉ねぎ剥きの話です。何だと思ったんですか? でも…

加瀬亮ってけっこうタイプだよ

相変わらず派遣のアルバイトにのらりくらりと顔を出す日々である。 同じ就業先へは2日と行かないので、毎回違う場所である。だけど仕事内容はだいたい同じ。 単純作業である。 先日行った工場では、どうやら軍手を持参しなければいけなかったらしい。 が、…

オトナの鬼ごっこ

明日の近畿地方は、気圧の谷や梅雨前線の影響で曇りで、雨の降っている所があるでしょう。 京都府は、今夜から明日にかけて、雨足が強まる見込みです。 釣りをする夢を見ていた。 釣りが趣味なわけではない、過去に付き合った男にたまたま釣り好きが多くて、…

インターネットもInstagramもTwitterも糞食らえだ

Instagramを起動すれば、センス良く切り取られた景色やお洒落なコーディネートや、友達の赤ちゃんの泣き顔や恋人とのツーショットが指を動かす毎に流れてくる。 Twitterを起動すれば、今日も素性不明なあの人は下ネタを絶叫しているし旧友は暑い中営業にまわ…

ダンディなおじちゃんに洋食を教わりたい

私は情緒不安定なので、たびたび大地に還りたいと思うことがある。 それはつまり、今はなんだか誰にも優しくできないといった類の単なる不機嫌だけど、どうしようもない時がある。 そういうとき、発散方法のひとつとして「料理」がある。 6月某日。 眠れな…

星が落ちそうな夜だから、自分をいつわれない

都会には、足首をチラ見せしたお洒落メガネの髭おじさんが、あいふぉーんで電話をしていて気負いする。 仕事もオンナもテキパキこなしてそうだ。 どうも、ニートです。 最近は本格的にやる気をなくしてきました、五月病でしょうか? ていうかわたしにやる気…

ニート、バイトを始める。

お金欲しさに、派遣でアルバイトを始めた。 派遣事務所に登録し、紹介してもらった就業先へと出向く。 あまり詳しくは書けないけど、まあ広告でよく目にする「簡単♩軽作業!お友達と一緒に!」「大好きなアーティストのイベントスタッフ★」的なやつ。 この日…

ニートだから悪い

クッソクッソクッソクッソニートになり、早くも1ヶ月が経つ。 驚くほどに時間の流れが速い。 あっと言う間とかのレベルじゃない。 っと言う間。 「あっ」という発音さえもする間のないくらいの間。 あれだけ会社が嫌いだったのに、さすがに1ヶ月だらけると…

【旅行記】宇治川

まあ地元なのでまったく旅行ではない。 正しくはキャンプ記録である。 2×年間住んでいて、BBQスポットなのは知っていた。 だけど、地元のイケイケのヤンキー(田舎なのでハタから見れば芋ヤンキー)達がブイブイ騒いでるイメージだったので、暗キャの私はなか…

イケメンとハンサムと男前の違いについて

世の中にかっこいい男性はたくさんいる。 個人的に「イケメン」と「ハンサム」と「男前」は違うと思う。 イケメンは、とにかく爽やかさが売り。かっこよさとかわいさの両方を兼ね備えている。 汗が輝いて見える。 塩顔〜醤油顔あたり。 彼女には、犬っぽいと…

この歳になると歳下の男の子が可愛い

家事も書道の依頼もランニングもすべて終わらせ、夕方、酒を飲みながら面白いブログを読む時間が好きだ。 夕陽が沈むのに合わせ、私は廃人と化す。 料理が好きだけど、たまにジャンキーなものが食べたくなる。 手に取った時点でもう喉が焼けてきそうなくらい…

【映画】百円の恋

百円の恋という映画を観た。 ざっとあらすじを説明させて頂くと、 職歴なし・処女・引きこもりの30代の女性が家族と喧嘩をして家を飛び出し、人生で初めてのひとり暮らしを始める。 ある日たまたま通りかかったボクシングジムで選手と出会い、恋に落ちる。幸…

【旅行記】曽爾村

大地に還りたい。 ーこれは私が会社に勤めていて最上級に病んでいたとき、通勤電車で雨音を聴きながらふと思ったことである。 満員電車が湿気でいつもに増して息苦しく、車内にはくたびれきった人たちが決して肌と肌の触れない距離を保って立っている。座席…

べらぼうという言葉を覚えた。

余りもひどい様、はなはだしい様を示すとき、人は「べらぼう」と言う。 私はこの言葉を、つい去年知った。 「これ来週納期でいける?」 「べらぼうに頑張ったらいけます」 というような会話を、会社で上司と先輩が交わしていた。 文脈からその言葉の意味は容…

【旅行記】仙酔島

私は死んだ。 社会人という病に侵され、4年の闘病生活も虚しく、先月、静かに息を引き取った。 生前、善い行いをした人は天国へ、悪い行いをした人は地獄へ、普通の行いをした人は中国へ行くとは昔からよく言うが、お局さんとバトルしたり、大事なデータが…

普遍的な日常に、ちょっとのロマンスを。

車が欲しい。 これは私が常日頃から「お金持ちになりたい」程度に抱いている雑な野望である。 いざとなりゃ実家のラパンがあるし、ていうか結局行動範囲なんて近所のローカル線に飛び乗ってどうにかなるレベルだし。 マイカーを維持できるほど経済力もなけれ…

喋らなすぎて言葉を失いそうだ

話の内容が、絶望的におもしろくない子がいた。 誰に対しても分け隔てなく愛想がよくて、仕事に対しても真面目だしそれだけでなく熱くて、会社ではみんなの妹キャラといった明るい子。 私が緊張しながら入社した時も、積極的に話しかけてくれたし本当はめち…

心のスキマ風が寒い

心のスキマ風が寒い。 どうも。黄昏れ、ストロングゼロ呑みながらブログを更新しています。 私はお酒が好きだ。そして多分、わりとちゅよい。 まず顔に出ない、赤くならない。でも異様にテカる。 お酒飲んだ時のあのやたらテカるの、なんでなんですかね? 好…

ニートという暮らし

こんにちは。 ブログをさぼっている間に2✕歳になってしまいました。 そして、わたくし会社を辞めました。 ええ、ニートです。 ニートで誕生日を迎えるという…幸先良好ですね!!! 次のような質問を最近よくされます。 「会社辞めて、毎日何してんの?」 何…

幸せは誰かがきっと運んでくれると信じてる女子会2

4月某日。 私たちは大阪城公園に集合していた。 「おしりぷりぷりやな~」 「私おしり硬いねん~」 「触らせて触らせて~、うわほんまや硬い」 「硬いのは老化やで」 「」 夜桜女子会である。 儚くも咲き誇る桜を楽しむべく、私たちはコンビニで酒とつまみを…

時の流れに身を任せましょう

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る・・・ というのであれば、4月は死ぬ。 4月ももう10日ってやばくないですか? 今年度より就職や進学のあったルーキーの皆様、どんな感じですか? 楽しいですか?どうですか? 言っておきますけど、この先の人生なんて…

世にも微妙な物語

昨夜、遅くまでyoutubeで「世にも奇妙な物語」を観ていたから今朝は眠い。 いつもより10分遅い起床。 しかもこういう日に限って朝からペットの田吾作が「お腹空いた」と言う。 せっせとコオロギを捕獲しているとこっちが朝ご飯を食べそこなった。 朝の準備…

山田コンプレックス

私の苗字は山田である。 この世にはこんなにも魅力的な漢字で溢れているのに、あえて山田なのである。 山田といえば学生のころから学年に2人以上いたし、今の会社には私含め2人、そして私が4月15日で退職するのに合わせて新しく山田さんが入社してくる…

幸せは誰かがきっと運んでくれると信じてる女子会

私は、20代をこう定義したい。 20~23:20代前半 24~27:20代半ば 28~33:アラサー 個人的にこの振分けは大変的を得ていると思う。 そしてこの定義を前提に今後話をするとなれば、私は現在「20代半ば」に当てはまり、まわりの友達も漏…

尾崎豊的愛おしさの男に翻弄されたい

私は潜在意識に、「ダメ男に振り回されたい」という願望がある。 それでは幸せになれないと理屈ではわかっていながらも、やっぱり惹かれるのはそういう男性ばかりである。 フライパンと付き合っていた時、私と彼は高校生であった。(※前記事参照) 彼はある…

消化できなかった恨みは来世まで持ち越す

なぜ、週休2日なのか。 誰もが一度は問うたろう。 なぜ、週休2日なのか。 私が思うに、週休2日を決めた人はきっと 「えっちょっとあんときノリで言ってみただけなのにまじで週休2日なってんじゃん!怖ぇ~俺のひと言怖ぇ~。権限者のひと言危ぇ~」 くら…

茶しばく、と言われたくて

わたし、生まれつき左手の手のひらのまんなかにすごく濃くてチリチリッとした毛が生えるんですね。 ほうっておくと中指の第2関節くらいまで届いちゃうくらい伸びて、太さでいうと髪の毛くらい。 やばくないですか?恋人には絶対打ち明けられない。 それがす…

ニンニクの香りから連想されるもの

昨日は21時に床に就いたので、今朝は早朝に目が覚めました。 時計を見ていなかったので正確な時間は把握しておりませんが、朝陽が昇っておりませんでしたので早朝かと。 日頃の私ですとおそらく二度寝したのですが、ふとカーテンの外が気になったので外へ出…

3分の1も伝わらない

普通の、または予想した程度を越えた状態を表現するとき、「すこぶる」という。 関西弁で言うと、「めっちゃ」より上で「ごっつ」と同等かちょい上くらいのイメージ。知らんけど。 でも、個人的には「すこぶる〇〇~」と言われても「もんのすげぇえ!!」と…