みかんがみっかんない

無力なアタシの、不甲斐ない毎日。

ニンニクの香りから連想されるもの

 
昨日は21時に床に就いたので、今朝は早朝に目が覚めました。
時計を見ていなかったので正確な時間は把握しておりませんが、朝陽が昇っておりませんでしたので早朝かと。
日頃の私ですとおそらく二度寝したのですが、ふとカーテンの外が気になったので外へ出てみることにしました。
 
 
3月下旬といえども朝と夜は冷えますね。
トールをしっかり巻いて、近所の河原を歩きます。
しゃく、しゃくと凍った朝露を鳴らしながら進んでいると、太極拳をしているおじいさんに出会いました。
 
ふいにおじいさんは言いました。
「さとる、という漢字を書けるかい」
 
私は立ち止まり、「私に話しかけているのですか」と尋ねました。
 
「君しかいないだろう。さとる、という漢字は書けるかい」
 
悟。
 
「みなが知っているさとるとは、りっしんべん、ご、くち、だね。五感で感じたことを語る。それはつまり上辺でしかないんだよ」
 
「悟りは上辺なのですか」
 
「悟りは上辺。だけど、さとるという漢字はもうひとつある。骨に豊とかく。物事を、壁の向こう側の心理まで見抜けるようになりなさい」
 
體。
 
 
私はまた歩き始めました。
 
すると、10人くらいの女性たちがマットを敷いてヨガをしておりました。こんなところで?と、ついジロジロ見ていると、リーダー格の40代くらいの女性が「ご一緒にいかが?」と声をかけてくださいました。
彼女たちは黙々とヨガをしていました。私は、見よう見まねで人生初のヨガをしました。
 
すると、どんどん体が軽くなるのがわかります。
すごいですね、ヨガって。激しい運動をしているわけじゃないのにじわじわと内側から汗が出てきて、凝り固まっていた皮膚も筋肉も神経も伸びて、ほんとうに体が軽くなりました。
 
 
どうやらあまりに軽くなりすぎたようで、ピュウッと強い風が吹いた瞬間に飛ばされてしまいました。
 
 
「自分が変われば人が変わる。自分が変わるとは、思想を変えることではないわ。その思想を伝える言葉と行動を変えるのよ!」と、地上から女性たちの声が聞こえた気がしました。
そして、気づけば高いビルの屋上へたどり着いていたのです。
 
勢いよく尻餅をついたはずなのに不思議とどこも痛くはなく、「ヨガの効果かしらん」と思いながら景色を見下ろしました。
朝陽に照らされる、まだ眠る町。
チラホラと、早起きさんが部屋の電気を灯すのが見えます。郵便受けに新聞をとりに行く人がいたり、ランニングをする人がいたり。
 
早朝のひんやりとした風に吹かれ、しばらくぼうっと眺めていると、どんどん町が目覚めてゆきます。
 
「活動」
 
と私は思いました。
 
「命の営み」
 
とも。
 
 
生きるということは、ほんとうはシンプルなはず。
朝陽がのぼり、目が覚め、食事をし、体を動かし、心地よく生きるための身の回りの環境を整え、すこしお酒をのみ、人と話し、そしてまた眠る。
 
ただ、それだけのことではないのでしょうか。
 
「プロとアマチュアの違いはね」
 
背後からいきなり声がしました。
私は心臓がひっくり返りそうなくらいに驚き、勢いよく振り返りました。
 
 
すると、細身だけど頑丈そうなその体をピッシリとスーツに身をつつみ、髪を1ミリの誤差もないほどきっちりと七三分けに固めた男性が笑顔で立っていました。
電車でつり革を持てないと言いそうな、赤の他人と鍋をつつけないとも言いそうな、そんな神経質そうな空気をまとう彼は、それゆえにあまりに清潔で、眼鏡には少しの指紋もなく、革靴には1点の泥はねもない。
 
彼は続けました。
「アマチュアでも120点の作品をつくる人がいる。だけどアマチュアは、30点の作品もまたつくる。プロというのはね、どんな作品を作らせても必ず80点以上なのだよ。それだけの揺るぎない技術を持っている人間がプロになれる」
 
笑顔が不気味でした。
 
 
私は、稼ぎたい、と言いました。
 
彼は言いました。
 
「これまで学んできたことを他社へ提供すること。それが稼ぐということだ。社会とは学びの場ではない。学んだことを提供する場だ。稼ぎたいならば技術を提供すること。提供する技術がないならば、まずは学ぶこと。稼ぐのはそれからだ」
 
それだけ言うと、彼は勢いよくジャンプし、屋上からまっさかさまに地上へと落ちていってしまいました。
落ちてゆくその姿を眺めてみると、地面へ落ちる寸前にシュワッと消えてしましました。
 
 
気づけば太陽は真上まで登り、腹の虫が鳴っておりました。
階段でビルからおり、外へ出ると近所のレストランからニンニクの良い香りが漂います。
 
また、腹の虫が鳴りました。
 
 
「ランチはペペロンチーノにしましょう」
 
 
 
 
 
 
みたいな妄想をしていたら、いい時間になっていたので昼休憩いってこよ(^。^)y-.。o○
 
ペペロンチーノちゃうけど。